アラニン

   2016/02/19

スポンサードリンク

アラニンの効果・働き

肝機能を改善する。

持続的な運動を支える。

スキンケア効果

アラニンはアミノ酸の一種で、肝機能の保護やアルコール分解に効果的な成分です。運動時のエネルギー源「グルコース」を生成するため、長時間の運動時に必要な成分です。アミノ酸はたんぱく質の元となる成分で、アラニンは体内で合成することができる「非必須アミノ酸」に分類されます。また、肌の角質に存在し水分を保つ天然保湿成分の成分として化粧品にも使用されています。

アラニンを多く含む食品には、しじみやあさりなどの貝類、かに、海苔、牛や豚のレバー、鶏肉などがあります。二日酔いなどにしじみの味噌汁が効果的というのも、アラニンの持つアルコールの分解を促す効果によるものです。アミノ酸とブドウ糖に熱を加えた時に出る香り「リアクション・フレーバー」では、アラニンはカラメルの香りを放つので、加工食品などにも利用されています。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。