カフェイン

   2016/02/19

スポンサードリンク

カフェインの効果・働き

眠気覚まし。

集中力の向上。

自律神経の働きを高める。

運動能力の向上。

むくみ予防・改善。

脂肪の燃焼を助ける。

冷え性の改善。

カフェインは、コーヒー豆・茶葉・カカオ豆等に含まれるアルカロイドという化合物の仲間です。カフェイン主な働きとして、中枢神経系の興奮作用・筋肉収縮の増強作用・腎臓血管の拡張作用(利尿作用)などがあります。中枢神経系の興奮作用による覚醒効果、集中力の向上はカフェインの代表的な作用と言えます。。

カフェインには、過剰摂取による中毒症状(不眠・不安・心拍数の増加等)がありますので、過剰摂取には気を付けなければいけません。1日の摂取量の目安は、性別・年齢・体重・カフェイン感度・代謝能力・その日の体調などにより個人差がありますが、下記のようなデータがありましたので、ご参照ください。

健康な成人:1日あたり400mgまで

妊婦さん:1日あたり200mgまで

12歳以下の子ども:1日あたり 体重1kg当たり2.5mgまで

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。