L-カルニチン

   2016/02/19

スポンサードリンク

L-カルニチンの効果・働き

記憶力の増強や脳の老化を防止。

慢性的な疲労感やだるさの解消。

高脂血症を予防・改善。

不妊の改善。

脳の記憶力や学習能力に深く関係している「アセチルコリン」という物質の生成に欠かせないのが「L-カルニチン」です。L-カルニチンを摂取することでアセチルコリンを増加し、脳を活性化させることができます。
また、エネルギー生産を円滑に進めることで「乳酸」の増加を抑えるので、筋肉疲労の回復を促します。さらに、L-カルニチンを摂取することでエネルギー産生が高まれば、質の良い精子や卵子を育てることができます。

体内で合成されるL-カルニチンは副作用などはほとんどないため安全とされています。ただし、お薬などで経口摂取したり点滴などで取り込んだ場合は吐き気や胸やけ、下痢やけいれんなどの症状が知られています。
カルニチンにはいくつかの種類がありますが、D-カルニチンはL-カルニチンの効能を妨げる働きがあるので、間違えないようにしましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。