クエン酸

   2016/02/19

スポンサードリンク

クエン酸の効果・働き

エネルギー生成効果

ダイエット効果

筋肉痛を防止

ミネラルの吸収を促進する

痛風に対する効果

肝臓病の改善

疲労回復

クエン酸とは、お酢や柑橘類に含まれる酸味成分の一種で、摂取した食べ物をエネルギーに変える働きをするので、人間が生きていくのに必要不可欠な成分です。
日本では7世紀初めの聖徳太子の時代にお酢を作る官職が置かれていたほど貴重でした。

クエン酸はエネルギーをつくり出すための中心的役割をするほか、疲労物質である乳酸を分解します。酸味により食欲を増進させる効果もあるとして夏バテ防止などにも役立ちます。クエン酸は酸性成分のためアルカリ性の汚れ落としに最適で、体に害を及ぼすこともないので掃除用具として安心して使用することができます。手垢や水垢を落としたり消臭効果や衣服の黄ばみ防止などがあります。

クエン酸はお酢(黒酢、香酢、もろみ酢)、柑橘類(レモン、みかんなど)、梅干しなどに多く含まれています。クエン酸単体で摂るよりも、エネルギーを作り出すために必要なビタミンB群と一緒に摂るとより効果的だと言われています。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。