コラーゲン

   2016/02/19

スポンサードリンク

コラーゲンの効果・働き

美肌効果

骨を丈夫にする働き

関節痛の予防・改善

コラーゲンはたんぱく質の一種で、細胞同士を結び付ける役割を持っています。皮膚、髪、血管、内臓など、ヒトの身体は細胞の結びつきにより構成されています。それら細胞の間には必ずコラーゲンが存在し、細胞同士を結び付けています。身体を構成するたんぱく質のうち30%はコラーゲンです。そのうち、約40%は皮膚、約10~20%は骨や軟骨に存在しています。

コラーゲンは肌のハリや弾力を保つ他、関節や骨を健康に保つのにも欠かせない成分です。真皮の約70%、関節の約50%、骨の約20%はコラーゲンで構成されています。コラーゲンの減少、質の低下による関節痛や骨粗しょう症も報告されているので、健康な身体維持には必要不可欠な成分になります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。