イチョウの葉(抽出物)

   2016/02/19

スポンサードリンク

イチョウの葉の効果・働き

血流を改善する働き。

冷え性を改善する働き。

脳梗塞などの予防。

認知症の予防。

イチョウは街路樹などとして、私たちにとって馴染みの深いイチョウ科の樹木です。太古から存在するイチョウ科植物ですが、氷河期にほとんどが絶滅してしまい、「イチョウ」は唯一現存するイチョウ科植物です。イチョウの葉抽出物・イチョウの葉エキスはイチョウの葉をアルコール等を用いて有効成分を抽出したものです。

イチョウの葉エキスにはポリフェノールの一種であるフラボノイドが30種類も含まれています。フラボノイドには、血管(毛細血管)を拡張し血行を促進する効果があるので、血行改善に伴う、様々な効能が期待されています。特に脳の血行改善よる、脳梗塞・認知症の予防や、記憶・学習・認知能力への影響も報告されています。

ヨーロッパなど、数十カ国で医薬品として認可されているイチョウの葉エキスですが、日本では認可規定の関係上、医薬品としては認められていません。また、ギンコール酸を除去(5ppm以下)をさせていないイチョウの葉エキスには、アレルギー症状を起こす副作用がありますので、イチョウの葉を個人で摂取するのは控えた方がよいでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。