ヘスペリジン(ビタミンP)

   2016/02/19

スポンサードリンク

ヘスペリジン(ビタミンP)の効果・働き

血流を改善する。

高血圧を予防する。

生活習慣病の予防・改善

花粉症を予防する。

骨粗しょう症を予防する。

ヘスペリジン(ビタミンP)はポリフェノールの一種で、柑橘類などに多く含まれている栄養素です。厳密にはビタミンではないため、ルチンやケルセチン等とともに「ビタミン様物質(ビタミン類には含まれないが、ビタミンと似た働きを持つ栄養素の総称)」として扱われています。
ヘスペリジンには抗酸化作用や末梢血管を強化する働きがあります。また、血圧の上昇を抑制したり、血中のコレステロール値を改善するなど様々な作用が期待されています。

ヘスペリジンには、末梢神経を強化し血流を改善する働きがあるため、冷えや高血圧の予防、さらには生活習慣病の予防などにも効果を発揮します。
ヘスペリジンはみかんの皮に多く含まれており、健康維持には欠かせない成分のひとつで、特に過剰摂取を心配する必要はないとされています。みかんを薄皮ごと食べることで簡単に摂取できます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。