イミダゾールペプチド

   2016/02/19

スポンサードリンク

イミダゾールペプチドの効果・働き

疲労回復効果<アンセリン カルノシン>

運動能力を向上させる効果<アンセリン カルノシン>

老化を防ぐ効果<カルノシン>

生活習慣病を予防・改善する効果<アンセリン>

イミダゾールペプチドとは2つ以上のアミノ酸が結合したペプチド(アミノ酸とたんぱく質の中間の性質を持つ成分)です。イミダゾールペプチドにはアンセリンやカルノシン、バレニンなどが含まれます。 イミダゾールペプチドは、筋肉中の疲労物質「乳酸」の分解を促進し、疲労感を軽減します。また、体内の老廃物「尿酸」の量を調節し、過剰な尿酸を排泄する働きがあるため、尿酸値の抑制に効果があります。 疲労は、運動や労働で体に負担がかかった場合の他に、デスクワークなどで精神的な負担がかかった時にも見られます。その原因の第一に考えられているのが「活性酸素」で、活性酸素は細胞のDNAを傷つけ身体機能を低下させる要因となっています。イミダゾールペプチドには抗酸化作用があるので、疲労の原因となる活性酸素を抑える働きが期待されています。

イミダゾールペプチドは鶏の胸肉や魚の赤身などに含まれています。長時間の運動には欠かせない成分で、持久力や運動能力の向上に効果が期待できます。肌を若々しく保ち、身体の老化防止にも役立ちます。尿酸値を下げるので痛風を予防改善したり、動脈硬化や心筋梗塞、高血圧等の生活習慣病の予防効果もあります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。