イノシトール

   2016/02/19

スポンサードリンク

イノシトールの効果・働き

脂肪肝を防ぐ働き。

動脈硬化の予防。

神経の伝達や脳の活動を正常に保つ働き。

イノシトールはビタミンB群と仲間と言われており、穀物や果実などの食品に多く含まれる成分です。イノシトールには、血管や肝臓の脂肪とコレステロールの流れを良くする働きがあります。この働きにより、肝臓に余分な脂肪が蓄積するのを防ぎ、脂肪肝を予防することができます。また、血管にコレステロールが貯まることで引き起こる動脈硬化の予防も期待ができます。

イノシトールはリン脂質の構成成分です。リン脂質は神経細胞膜に多く存在して、脳細胞に栄養を供給したり、神経の働きを正常に保つ役割がありますので、イノシトールの摂取は、神経伝達・脳の活動に必要となります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。