イソロイシン

   2016/02/19

スポンサードリンク

イソロイシンの効果・働き

筋肉を修復する。

神経機能を正常に保つ。

糖尿病を予防する。

髪や肌の健康を保つ。

必須アミノ酸のひとつであるイソロイシンは、ロイシン、バリンと共に「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」に分類されます。筋肉の強化や肝機能の向上、血管の拡張や体の成長を促進する働きがあります。
鶏肉やサケ、プロセスチーズなどに多く含まれており、その他普段の食事からでも豊富に摂取することができるので、通常不足することはありません。しかし、BCAAをバランス良く保つにはなるべく多くの食品から摂取することが必要です。

最近注目されている研究結果として、イソロイシンは糖尿病に効果があるということが判明しました。摂取した糖質が吸収されたのち、筋肉へ取り込まれる流れを促進するので、血糖値の上昇を抑制・コントロールすることができると期待されています。その他、神経の働きをサポートする役割を持ち、集中力を高める効果があります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。