マリアアザミ(抽出物)

   2016/02/19

スポンサードリンク

マリアアザミの効果・働き

肝機能を向上させる働き

抗酸化作用

デトックス効果

マリアアザミは地中海原産のキク科オオアザミ属の植物です(英名:ミルクシスル)。種子に含まれるシリマリンというフラボノイド混合物が傷ついた肝細胞の修復・保護を助ける働きがあります。ヨーロッパでは古くから肝臓の疾患治療のためのハーブとして利用されてきた植物です。

種子に含まれるシリマリンには、毒素を排出する肝臓の機能を高める効果があります。肝硬変、肝機能障害などの予防や、タバコ・アルコールによる悪酔い、二日酔いの回復を助ける働きもしてくれます。

また、マリアアザミには過剰摂取による副作用も報告されているので、サプリメントなどで大量に摂取するのは注意が必要です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。