ナトリウム

   2016/02/19

スポンサードリンク

ナトリウムの効果・働き

体内の水分量を適切な状態に調整。

神経や筋肉を正常に動かす役割。

摂りすぎに注意が必要。

ナトリウムは生命維持には必要不可欠なミネラルです。普通の食事をしていれば、不足の心配はないミネラルですが、スポーツなどでたくさん汗をかく方・嘔吐や下痢をした方はナトリウムが失われがちになりますので、適切な補給が必要になります。

「ナトリウム」+「塩素」=「食塩」ですので、 摂りすぎると、むくみ・高血圧・腎臓病・動脈硬化などの心配があります。1日の塩分摂取目安は、男性10g未満・女性8g未満ですので、 下記の換算式をご参照ください。

ナトリウム(mg)×2.54÷1,000=食塩相当量(g)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。