レッドブル(Red Bull)

   2015/06/12

レッドブルのパッケージ画像

エナジードリンクブームの火付け役で、最も有名なエナジードリンクのレッドブルシリーズ。ワタクシがエナジードリンクにハマるきっかけも、まさにこの「Red Bull」でした。エナ通を公開してから、改めて王道エナジードリンクのレッドブルを飲むと、へヴィードリンカーだった頃の色々な記憶が巡ってきます。ということで、センチメンタルな気持ちでレビュー始めます。

レッドブル関連のイベント情報はこちら|レッドブル 翼をさずける

レッドブルの製品情報はこちら|レッドブル・オフィシャル・ウェブサイト

1本(185ml)当たりの成分

エネルギーたんぱく質脂質糖質(炭水化物)
85.1kal0g0g20g
ナトリウムナイアシンパントテン酸ビタミンB6
148mg5.6mg3.7mg3.7mg
ビタミンB2ビタミンB12アルギニンカフェイン
0.17mg3.7μg222mg80mg

レッドブルの味

スポンサードリンク

KING OF ENERGY DRINK

エナジードリンク界のApple

レッドブルのすごいところは、そのブランド力。先駆者であるが故に、もう絶対的な地位にいるのがレッドブルだと思います。どんなに新しいエナジードリンクが発売されても、結局はレッドブルと比べられる運命。むしろ、レッドブルと同じ土俵に上がらない限り、エナジードリンクというジャンルではキワモノを狙うしかなくってしまうんじゃないかと思います。

メタリックシルバーとネイビーにロゴの赤が刺さってて、誰も嫌いにならないパッケージです。なんとなくの感覚ですが、Apple社と似ているブランド感な気がします。やっぱ先駆者つながりでしょうか。

万能なエナジードリンク

同量のコーヒーとほぼ同じカフェイン量(※1)で、仕事・スポーツ・ゲーム・遊び・ドライブ・勉強と、オールマイティーなシーンで活躍してくれるエナジードリンクです。

185ml缶・250ml缶・330mlボトル缶など、様々なサイズが販売されていて、気分に合わせて量を選べるのは魅力的です。しかも、各サイズ100mlあたりのカフェイン量は調整されていて、1本あたりで同等のカフェインを得れるようになっています(小さい缶は濃いめ)。サイズは違えどENERGYは同じ、ということです。

レッドブルサイズ違い

主なエナジー成分は、カフェイン、アルギニン、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸、ナイアシンなどです。エナジードリンクにも様々な種類が出ている昨今では、「なんて特徴のない成分なんだ」と感じてしまいますが、このシンプルさが、魅力なのかもしれません。

※1 インスタントコーヒー100mlあたりのカフェイン量が約45ml

やみつきになる味

レッドブルのもう一つの魅力は絶妙なフレーバー。そんなに強いわけではないけど、少しクセのある香り。強すぎない炭酸。それなりに満足感のある甘さ。飲んだ後に残る独特な香りと甘さは、もう一口飲みたくなる後味です。この絶妙なラインが、毎日飲んでも飽きないRed Bullの凄さです。

そして何より「Red Bullを飲むことへの満足感」。これに尽きるのではないでしょうか。

レッドブルの中身

ライフスタイルを提示したレッドブルのすごさ

なにより「レッドブルすげーな!」と思うのは、レッドブルが傍にあるライフスタイルを消費者に提示したところ。公式サイトにも様々な活用シーンが紹介されています。

  • ドライブの時に
  • 授業中や自主勉強の時に
  • 仕事の時に
  • スポーツの時に
  • ゲームをしてる時に
  • 遊ぶ時に

おい、常にじゃねーか。

つまりは、レッドブルを生活の一部にしてほしいと言うことなのに、あたかも「このシーンで活用してね~」戦法。この辺もAppleっぺ~!!!!でも、ワタクシもこの戦法にまんまとハマった一人です。

と言いつつも、精神的にも肉体的にもレッドブルに救われたことが何度もあるし、エナドリの世界を作ってくれた商品なので、結局は憎めません。

これからも、エナドリ界を牽引していって、どんどん盛り上げていってほしいです。

原材料名:砂糖類(砂糖、ぶどう糖)、酸味料、香料、L-アルギニン、着色料(カラメル)、カフェイン、イノシトール、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B12

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本

新品価格
¥4,900から
(2015/5/22 19:34時点)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。