レッドブルとモンスターエナジーはどっちがお好き??二大エナジードリンクを比較しました。【量・成分編】

   2016/02/19

モンスターとレッドブル

どのコンビニでも置いてあり、売上・人気・知名度ともに常に二強となっているレッドブルとモンスターエナジー。皆さんは、コンビニで主にどちらを買いがちでしょうか?エナ通はどうしても、モンスターエナジーを買いがちでございます。というのも、モンスターエナジーの大容量さと、アブソリュートゼロの味が大好きだからなのですが、味やちょうど良い量は人それぞれ。

ということで、今回はコンビニでよく見る下記のレッドブルとモンスターエナジーシリーズを比較してみました。「今日暑いから、ゴクゴク飲みたい」とか「一気にゴクッと気合注入したい」など、この比較で飲み分けの参考になればと思います。

今回比較するエナジードリンクはこちら

  • モンスターエナジー
  • モンスターエナジーM3
  • レッドブル185ml
  • レッドブル250ml
  • レッドブル330ml(アルミボトル)

Contents

量比較

量なんて見た目で明らかですが、エナドリ成分の濃度感覚を掴むために必要なので、比較しました。

内容量ランキング

1位モンスターエナジー355ml

コンビニでもこのドデカ缶が目を引きますね。エナ通的にはこの大容量がモンスターエナジーシリーズの最大の魅力です。(個人的には450mlくらいほしいです。)

2位レッドブル330ml(アルミボトル)

3位レッドブル250ml

4位レッドブル185ml

5位モンスターエナジーM3 150ml

スポンサードリンク

カフェイン比較(1本あたり)

エナジードリンクの覚醒要素はカフェインが担ってる。

エナジードリンクの主要成分であるカフェイン。エナジードリンク飲んだ時の効果ある感はカフェイン量が担っていると言って過言ではありません。

カフェイン含有量ランキング(1本あたり)

1位モンスターエナジー  142mg

2位モンスターエナジーM3  140mg

3位レッドブル330ml(アルミボトル)  105mg

4位レッドブル250ml/185ml  80mg

自分の体調や、その日に飲んだものを考慮して選ぶといいかも。

カフェインはモンスターエナジーの方が少し大目のようですね。と言っても、カフェインは摂取量に気を付けないと過剰摂取になってしまうため、多ければ良いというわけではありません。

特に、モンスターエナジーM3は、容量の割にかなり多めなカフェイン量ですので、ご注意ください。

摂取の上限は、健康な成人:1日400mg、12歳以下の子ども:1日あたり 体重1kg当たり2.5mgまでとして、無理のないエナドリライフをお送りください。妊婦さんは基本的にカフェイン入りエナジードリンクは止めた方がいいと思います。

カフェインについて詳しく知りたい方はコチラ

糖分比較(1本あたり)

糖分は頭にも身体にも大事なエナジー。

エナジードリンクは、あくまで清涼飲料水。コーラやジンジャーエールのような一般的なジュースのように、糖分も大きなファクターです。糖分は身体や脳のエネルギーになるため、エナルギーチャージには欠かせない栄養素です。

目覚めの悪い朝や、疲れてパフォーマンスが低下しがちの時、糖分でガツーンと気合入れたいものです。ここでは、栄養成分表示に「糖質」や「炭水化物」と記載されている部分を抽出しました。

糖質含有量ランキング(1本あたり)

1位モンスターエナジー  45g

2位レッドブル330ml(アルミボトル)  35g

3位レッドブル250ml  26g

4位レッドブル185ml  19g

5位モンスターエナジーM3  16g

コスパがいいのは、モンスターエナジーM3。

すごいですね。またモンスターエナジーが1位です。しかしカフェイン同様、糖分も摂り過ぎ禁物ですので、一概にモンスターが最高!!ってわけではありません。モンスターエナジーM3は、カフェインなどのエナジー成分配合量に比べたら糖質控え目なので、一球入魂的な使い方にかなり向いてますね。

糖質について詳しく知りたい方はコチラ

アルギニン比較(1本あたり)

アルギニンは定番エナジードリンク成分。

アルギニンは必須アミノ酸の一種で、運動中・運動後疲労感の軽減や筋力増強効果があるエナジー成分。精力剤にも使われていることがありますが、色々なエナジードリンクに入っている定番のエナジー成分。アルギニン配合量が、エナジードリンクの強度を計るひとつの指針かもしれません。

アルギニン含有量ランキング(1本あたり)

1位モンスターエナジーM3  450mg

2位モンスターエナジー  443mg

3位レッドブル330ml  396mg

4位レッドブル250ml  300mg

5位レッドブル185ml  222mg

モンスターエナジーM3は、本当に濃縮版。

僅差ですが、モンスターエナジーM3が1位となりました。小さいのに、成分がかなり濃縮されているみたいで、さすがの一言です。そういえば、レッドブルを何缶か飲んだ友人が、下腹部のモンモンがすごいと言っていたのを思い出しました。それは、アルギニンの効果なのか、それとも若さ故なのか。真相は誰にもわかりません。

アルギニンについて詳しく知りたい方はコチラ

自分の拠点エナジードリンクを見つける。

今回は量と成分で比較してみましたが、如何だったでしょうか。よくエナジードリンクの危険性にまつわるニュースをよく目にしますが、言っても清涼飲料水です。ちゃんと中身とかを理解した上で、自分に無理なく飲めば、それはただの超楽しいドリンク。自分のお気に入りの1本のカフェイン量を把握しておくだけでも、コーヒーとのかち合いでカフェイン過剰接収になったりする心配もありません。

成分や量では、モンスターエナジーに劣るレッドブルですが、味やパッケージなどは他に代えがたいブランド力があります。皆様も、自分のお気に入りを見つけてみては如何でしょうか。

エナ通の拠点エナジードリンクは『モンスターエナジー アブソリュートゼロ』です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。