ビタミンA

   2016/02/19

スポンサードリンク

ビタミンAの効果・働き

皮膚や粘膜の健康維持

視機能を改善する。

動脈硬化を予防する。

ガンを予防および抑制する。

ビタミンAは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつで、目の健康維持や皮膚を正常に保つ働きがあります。また、体内でビタミンAに変わる「カロテノイド」は「プロビタミンA」と呼ばれています。
カロテノイドのうち炭素と水素のみでできているものを「カロテン」と言い、カロテンは体内でビタミンAと同じ働きをする物質に変換されます。
カロテンを含むビタミンAは、野菜を油で炒めたり油脂を含むドレッシングと一緒に食べることで効率良く摂取でき、その吸収率は70~90%と言われています。

ビタミンAが足りなくなると、代表的な症状として目が見えにくくなることが挙げられます。目の角膜や粘膜がダメージを受けたり、光をまぶしく感じる、または夜間や暗闇の中でものが見えにくくなる夜盲症等があります。たま、皮膚や粘膜が感想して弱くなるため、免疫力が下がりウイルスや細菌に感染しやすくなります。
逆に、過剰に摂取しすぎると肝臓に蓄積され頭痛や吐き気、疲労感や脱毛など多くの不調を引き起こします。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。