ビタミンC

   2015/04/30

ビタミンCの効果・働き

免疫力を高め、老化や病気から体を守る。

美白・美肌効果。

貧血を予防する。

ストレスを和らげる。

ビタミンは体内では生成できないため、主に食物から摂取する必要があります。ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱く、空気に触れたりアルカリなどで破壊されたりと非常に軟弱な性質なので、生の野菜は新鮮なうちに食べたり、短時間の調理などが必要になります。体内では大量に消費されるビタミンなので、積極的に摂取することが大切です。

ビタミンCが不足すると細胞と細胞をつなぐコラーゲンの働きが弱くなり、肌のうるおいやハリを維持できなくなります。また免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり貧血になったりします。逆に、体内での吸収率は90%と高く、2~3時間で尿などで排出されるため、多少過剰に摂取しても心配はないとされています(腎機能に問題がある場合を除く)。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。